FX 為替は60%以上の確率で安定して稼ごう!!

FXは午前中に勝負!! FXの規則性やパターンなど時間帯のクセを利用して利益を取りやすい午前中に勝負してます。

FX 今ホットなアノマリーポイント2


先週金曜日に紹介した ユーロ/ドルのアノマリーポイント


 ユーロ/ドルが最近16:00から下落するといった規則性でしたが、結果動きとして 27日の金曜日は、、


スクリーンショット 2014-06-27


やはり、16:00で天井を付けて下落していきました。


先週金曜の記事では、


16:00〜16:10分の間でユーロ/ドルが下げなかった日は4日だけでした


6月3日(火)

6月6日(金)

6月17日(火)

6月18日(水)  

以上の4日だけです。  そこでこの4日の平均値動きを出してみました



スクリーンショット 2014-06-30 1


時間はロンドン時間になってますので、ロンドン7時は日本の15時です。   15時半ごろ少し下げてますがあとは16時まで余り動きなし、、、


では、この4日を除いた6月、この時間の平均値動きを出してみますと、、、、


スクリーンショット 2014-06-30 2


15時から 16時に向けて上昇した所で、ドカン! と下げてますね。


先週金曜もさげましたがその時の動きは次の様になってます

スクリーンショット 2014-06-27 1


16時まで上昇しながら、その後16時を迎えると、、最初に紹介した様な値動きになってますね。



さあ、今日も同じ様な動きとなるでしょうか?  または月末や四半期末といった要因が何か影響するのでしょうか?   

注目したいポイントです。



         

スポンサーサイト

ドル/円 月曜日 今日のポイント

  6月も今日で終わりです。 ここ数ヶ月為替の変動幅がかなり少なくなってますが、来月はどうなるんしょう?   


 さて今日のポイントですが、


 ドル/円  9時20分ごろ


最近は中値まで上がりきらず、9時半前から下落転じるといった展開が月曜日で続いています。



スクリーンショット 2014-06-30


6月2日などは9時半を回ってもまだ上げてましたが、それでも40分からは下落してます。


売りのタイミング、とその見極めが少し難しそうです



しかし、相場のクセがあるといっても今日は 月末に加えて四半期末 このあたりがどう影響するでしょうか?




FX 今ホットなアノマリーポイント

 最近のFX相場を見てるとある時間になると急に動き出す通貨があります

 ユーロ/ドル  16:00

ロンドン時間の 朝8時  正確には16時少し前です。


6月に入ってから 16:00〜16:10 の間でユーロ/ドルが下落する確率は

  79%

16:05〜16:10 の下落確率も それに近いものがあります



この時間に為替相場を見ている人は、16時ごろから急に相場が動き出す事は分っていると思いますが、 圧倒的にこの時間はドルが買われるポイントのようですね。


逆に最近 ユーロ/ドルで16:00〜16:10 の時間帯でドル安になったのは

6月17日と6月18日


その前となると 6月6日と6月3日 

6月はこの4日だけです。。


これらの4日間と今日は何か共通するものがあるでしょうか?  6月6日は金曜ですね。。



過去の値動きと比較しながら注視してみたいと思います。

ドル/円金曜日のポイント

 ドル/円金曜日 午前中のポイントです

先週の金曜日と同じ様に、最近の値動きをグラフで見てみます。


スクリーンショット 2014-06-27


黒線 : 金曜日 最近8回の平均値動き

赤線 : 金曜日 最近4回の平均値動き

緑線 : 先週金曜日の値動き


緑線は先週金曜日、先週は20日でゴトー日、ワールドカップ 日本VSギリシャ もありました。


日本試合は9時少し前までやってたので、その辺りのセンチメントが市場に影響しのかもしれませんね。


 8時10分ごろからの上昇


 9時50分ごろからの下落


この辺りは共通してるようですね、この辺りは注目して行きたいと思います。





ドル/円 木曜 今夜のポイント

  
  今夜(木曜)のポイントは先週の記事に続いて

 ドル/円 夜9時前後


 特に9時05分からの10分間は8週連続で円安方向に動いてます



5分間隔、10分間の円安、円高判定表(赤:円安  青:円高)で見てみると、

スクリーンショット 2014-06-262


最近、木曜はこの辺りが円安になる規則性、というかクセがあるようです。



円安になり易いクセがある事は解りましたが、実際にどれぐらい動いているのか?


スクリーンショット 2014-06-264


上のグラフの今までの木曜日 8回の値動きの平均です、横のラインは4pipおきですから、8回の平均だとすると、まあまあ動いてますね。 6pipsぐらい行ってるかな?


ちなみに、関連性があるかどうか解りませんが、お昼の日経平均がマイナスとなったのは8回中2回だけでした。




さあ、、過去のデータでは円安になり易い事は分かりましたが、今夜の動きはどうなるでしょうか? 



いろいろなデータを入力して結果を予想したいと思います。

ドル/円 木曜日の相場のクセ(癖)

  
 昨夜のドル/円 ニューヨーク時間はマイナスの動き

しかし、ダウはプラス引け、 なんだか難しいそうな相場が続きますね。


さてFX相場には曜日ごとに動きのクセがあります。  


大きく東京時間の中値付近は 中値まで買いが入ってそのあと売られるパターンが多いです


では木曜は


スクリーンショット 2014-06-26


水色は一般的な動き、 紫色が木曜日です。 少しズレて下落が始まってますね。


さてこの大事なのはこのグラフの基になるデータですが、

過去3年間の値動き平均、但しロンドン夏時間のみとなってます


しかし、これは長期間の平均 最近は10時ごろを頂点とする事が多い様です。



ゴールドマンサックスのワールドカップレポート

 ゴールドマンサックス(以下GS)といえば、世界最大級の投資銀行

そのGSが得意の統計学、確率論などを駆使してまとめた

THE WORLD CUP AND ECONOMICS 2014


このレポート60ページに及ぶ細かなグラフなどを入ったかなり本格的なもの、

優勝国予想はダントツでブラジル、、、、、

気になる日本のオッズとGSが算出したプロバビリティは?

スクリーンショット 2014-06-253



スクリーンショット 2014-06-254


GS予想ではグループCからのベスト16行きはコロンビアとギリシャ、この辺りは当ってますが、スペインの敗退やコスタリカの躍進は予想出来なかったようですね。

まあ、いかにワールドカップの予想が難しいかという事かと思います。 


しかし、GSプロバビリティ どういった数値を入力して算出してるんでしょう?







今夜のポイント ドル/円 水曜 

  
  今日の為替、ほとんど動き無しです。

この状態で利益を取るのはかなり難しそうです。


 それでも 今日のポイント 最近水曜の夜、円安になり易いポイントが有ります


 ドル/円 19:10〜 


 最近8週間の5分間隔、10分足での円安、円高判定表をみると この辺りかなり赤く(円安)になってますね。


スクリーンショット 2014-06-25



 値動きが少ない中ではあまり無理をしない方がいいと思いますが、相場が動き始めたらいいポイントになると思います。


最も円高になり易い時間帯


以前のブログで紹介した

 今、もっとも円安になり易い10分間


 を紹介しました。


 それでは 最も円高になり易い10分間はどこでしょう?



今年4月から現在までの 61日営業日間で円高になった回数をカウントしました。



 1位 7:20〜7:30   37回 (61%)

 2位 8:00〜8:10   36回 (59%)



特にこの2ヶ所 下の表を見る限り、最近の1週間では曜日に関係なく特にその傾向が強いようです


スクリーンショット 2014-06-25 1






明日はゴトー日

 
 明日は6月25日  5、10の付く日をゴトー日と呼びます

また19日(金)の様な土日にゴトー日を迎える場合は19日の金曜日を

 「実質ゴトー日」と呼び、ゴトー日と同じ扱いになりますね。。。  


さて 2013年のドル/円中値付近のゴトー日の平均値動き動きを見てみると、、、

スクリーンショット 2014-06-22


 中値に向けてドル円が買われてますね、、、中値を過ぎても買われる事もよく有りました


さて、一方2014年に入ってのゴトー日の平均値動きは次の通り、、、


スクリーンショット 2014-06-221


この半年間のゴトー日の平均は9時前から売られる事が目立ってきました。  

一時的なトレンドの変化とはまた違う様な気もします。


「本日はゴトー日なので中値にかけて売られるでしょう!」


ってのがこからの常識になるんでしょうか?


 

FC2Ad